元シカゴ交響楽団 主席トランペット奏者アドルフ・ハーセス先生の公開レッスンin桐朋学園86年4月15日④

今回はストラヴィンスキー作曲 バレー音楽「ペトルーシュカ」のソロです。


P1010888


≪練習番号135≫


・mfとpの差を充分にしっかりとつけること


・強拍と弱拍を意識し、アウフタクトが大きくならないようにすること


P1010889


・スタッカートのついた八分音符、実音G、B♭、Cがしっかりと聞こえるように、決して十六分音符の方が大きくならないように


P1010890


P1010891


・最後の十六分音符はクレッシェンドは書いていないが、終わりなので少しクレッシェンドすると良い


P1010892


ハーセス先生の言葉を総括すると、この曲はバレー音楽なので踊り手を考え演奏するべきとのこと。


次回はワーグナー作曲 パルジファルです。


「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


♪MASAのホームページ
ようこそ トランペット奏者 福島正紀の世界へ!
http://www5.ocn.ne.jp/~klingen/


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


Skype Lesson

コンサート情報

Facebook