元シカゴ交響楽団 主席トランペット奏者アドルフ・ハーセス先生の公開レッスンin桐朋学園86年4月15日⑤

今回はR・ワーグナー作曲 Parsifal(パルジファル)の前奏曲のSOLOです。


P1010912


注意事項は三点です。


・ヴィヴラートはかけないほうが良い


・ハーセス先生はB♭管の場合、high hを12でhigh cを1でとるとのこと(楽譜はinFです)


P1010913


・いつも様々なフィンガリングを試してみること


P1010849


このパッセージはドイツのオーケストラのオーディションで必ず課題とされます。


因みに、私は桐朋学園の入試、卒試、ベルリン芸術大学のグロート教授の公開レッスンでも課題としてもあたえられました。


しっかり練習すべきオーケストラスタディーの一つです。


次回は「レオノーレの3番」、「ローマの松」に続きます。


「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


♪MASAのホームページ
ようこそ トランペット奏者 福島正紀の世界へ!
http://www5.ocn.ne.jp/~klingen/


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


Skype Lesson

コンサート情報

Facebook