元シカゴ交響楽団 主席トランペット奏者アドルフ・ハーセス先生の公開レッスンin桐朋学園86年4月15日⑦

前回より大分間があいてしまったが、また書こうと思う。


今回はレスピーギ作曲 交響詩「ローマの松」からカタコンブの松のSOLO


P1010932


注意点は以下七点。


・先ず、舞台裏で吹くので吹く前に身体をダラーンと前屈させて息を吐く等、身体を充分にリラックスさせるとよい。


・イタリアオペラのアリアのように吹くべきである。


・二小節目の三拍めに重みをつけ次の実音Gに向う。


・四小節目の四拍目と五拍目を充分に保って


・六小節目の三拍目と四拍目に重みをおき充分に保って


・七小節目の二拍目実音A→Gはディミネンドが書いてあるがハッキリと


・十小節目の一拍目もシッカリと息を吹き込むこと


そして最後にハーセス先生はこのようなことを仰っている。


「トランペットは非常にエアロビクスな運動をしているのと同じだ、特にマーラーやブルックナーを吹くときは。」


次号に続く


「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


♪MASAのホームページ
ようこそ トランペット奏者 福島正紀の世界へ!
http://www5.ocn.ne.jp/~klingen/


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


Skype Lesson

コンサート情報

Facebook